つれづれ 心のつぶやき

いろいろてんこ盛りの2020年

スポンサーリンク

 

夏至の日蝕。
372年ぶりってすごいですね。

372年ぶり夏至の日食、予報は曇り時々晴れ(森田正光) - Yahoo!ニュース
2002年6月21日、日本全国で部分日食が見られます。日本で夏至の日に起こる日食は372年ぶり。これを見逃すと次は10年後になります。

 

そして、なんといい時代になったことか、と思ったのはこのツイート。
日本時間の 2020年6月21日12時52分 ストーンヘンジから日の出の生中継が見られますよ。

 

 

夏至を前に、私の中で小さな事件発生しました。

頭頂のチャクラが開いてしまったのか、情報が雪崩のように入ってきまして。
処理が追い付かず、しばらくオーバーフロー…

ホントニキツカッタ…

 

人間て、処理しきれない情報が、処理しきれない量やってると、思考停止し、感情がブレブレになるんですね。

もしチャクラが開いてしまって、この状態になったのだとしたら、開くのはおススメしません、自分の軸がしっかり整った状態でなければ。

ホント良し悪しだと思う。メリットばかりじゃないってこと。

 

その話を知り合いにしたら、こんなことを教えてくれました。

頭の蓋などのチャクラを開けるということは、自分の扉を開けること。
扉が開いちゃうと何が入ってくるか分からない。
高次元〜低次元まで色んなものが入ってくる。

それに対処できる知識や自分をしっかり持っておかないと、大変なことになる。
だから、ちゃんと準備出来るまで開けない方が良い。

 

これを読んでる人でも、頭頂のチャクラ開けたい、神様的存在とつながりたい、って思う人は多いはず。以前わたしもそう思ってたから。でもその前に、やるべきことがある。

周りのものに左右されず、自分の人生を生きるようになること

チャクラが開こうがそうでなかろうが、それが一番大事なんじゃないかな。

 

自分の波動が低ければ、そんなのとつながっちゃうし。自分が誰かに依存するタイプだったら、依存させてくれそうなのとつながっちゃう。

見たくない現実も見えちゃうかもよ。

「低次と高次」「形式」とはなんぞやって事


お友達になってね!
ブログの更新や小ネタをお知らせします。
友だち追加
つれづれ
\ シェアする /
あかはな まい

意識をふっとそらすとイメージが浮かびます。
それは前世?それとも他の何か?簡単にスケッチしたものをメッセージとあわせてInstagramとnoteに公開していました。すると、思わぬ反響が!

わたしがみえたもの、感じたものを絵に描き、リーディングアートとして紹介しています。

セッションをご希望の方は、下記SNSのDM、Line、もしくはこのHPのお問合せフォームからご連絡ください。

あかはな まいをフォローする
Reading-arts guide

コメント