歴史探索 スピリチュアル 本の紹介

大地に生きるすべての者たちに贈る、美しい言葉

スポンサーリンク

スピリチュアルというものに関心がある方の多くは、ネイティブアメリカンの思想や暮らしに興味があるのではないでしょうか?
あなたもその中の一人ですか?

人として生きていくために、時代を超えて続いていくものがそこに在るからなんじゃないかな。

空も土地も樹も、誰のものでもない。
本当はわたし達は何も所有してない。

あらゆるものがつながっていて、みんなひとつ。

ワシントンの大首長へ
そして
未来に生きる
すべての兄弟たちへ

1854年
アメリカの第14代大統領フランクリン・ピアスは
インディアンたちの土地を買収し
居留地をあたえると申しでた。
1855年
インディアンの首長シアトルは
この条約に署名。

これは シアトル首長が大統領に宛てた手紙である。
 


 
はるかな空は 涙をぬぐい
きょうは 美しく晴れた。
あしたは 雲が空をおおうだろう。
けれど わたしの言葉は 星のように変わらない。

ワシントンの大首長が 土地を買いたいといってきた。

どうしたら 空が買えるというのだろう?
そして 大地を。
わたしには わからない。
風の匂いや 水のきらめきを
あなたはいったい どうやって買おうというのだろう?

すべて この地上にあるものは
わたしたちにとって 神聖なもの。
松の葉の いっぽん いっぽん
岸辺の砂の ひとつぶ ひとつぶ
深い森を満たす霧や
草原になびく草の葉
葉かげで羽音をたてる 虫の一匹一匹にいたるまで
すべては
わたしたちの遠い記憶のなかで
神聖に輝くもの。

わたしの体に 血がめぐるように
木々のなかを 樹液が流れている。
わたしは この大地の一部で
大地は わたし自身なのだ。
 
 …一部抜粋 

「父は空 母は大地」の全文はこちらをごらんください。

 

 


これほどシンプルな言葉で、これほど大切なことを語った者が、ほかにいたでしょうか?
 
150年前、土地を追われることになったアメリカ先住民・シアトル首長が、ときの大統領に伝えてほしいと語った言葉――“Chief Seattle’s Speech”


先祖代々の土地をやむなくアメリカ政府へ明け渡す際、
先住民のシアトル首長は当時の大統領へメッセージを送りました。
この言葉は、今でもアメリカにおいて語り継がれ大切にされています。
本書は、その骨子を編集し、挿画を付して絵本にしたものです。

美しい地球の未来を願う普遍的なメッセージ
シアトル首長は、「どうしたら空や大地を買えるのだろう?」とアメリカ政府に疑問を投げかけました。
そして、「あらゆるものがつながっている」と述べています。
大地(地球上)に生きるすべての者たちに向けられた言葉は、
「人と自然の関わり」や環境問題を的確に捉えています。



お友達になってね!
ブログの更新や小ネタをお知らせします。
友だち追加
歴史探索
\ シェアする /
あかはな まい

意識をふっとそらすとイメージが浮かびます。
それは前世?それとも他の何か?簡単にスケッチしたものをメッセージとあわせてInstagramとnoteに公開していました。すると、思わぬ反響が!

わたしがみえたもの、感じたものを絵に描き、リーディングアートとして紹介しています。

セッションをご希望の方は、下記SNSのDM、Line、もしくはこのHPのお問合せフォームからご連絡ください。

あかはな まいをフォローする
Reading-arts guide

コメント