つれづれ 心のつぶやき

「感謝しかない」という言葉には違和感しかない

スポンサーリンク

「感謝しかない」
ひねくれ者の私は、なぜかこの言葉を素直に受け取ることがでません。

この言葉を耳にする、目にするたびになんだかモヤっとしていました。

「心から感謝している」
「 感謝の気持ちでいっぱいです」
ではなくて、どうして感謝しかないと否定形なんだろう…と。

このブログの記事と概ね同じように感じでいました。

「感謝しかありません」の不思議 - 尾形修一の紫陽花(あじさい)通信
「気になる言葉」というカテゴリーを作ってあるので、たまにはそれを書きたい。今年の夏に高校野球やアジア大会などを見ていて気になったことがある。インタビューで「応援してくれた方へ」と問われると、ほとんどの選手が「感謝しかありません」と言うのである。これは言葉の遣い方がおかしいと思うんだけど、どこがおかしいんだろうかと考えて...

言葉は時代とともに変化していくものだから、よく使われるようになった言葉に対して批判的なのも歳をとったからかな、と思ったり。

 

 

ふと思い立って、これらの言葉の波動を調べてみよう、と。

リーディングの動画をアップロードしました。

「感謝しかない」って言葉、ホントはどうなの?!

動画の中でも説明していますが、

右回り、時計回りはプラスの波動
左回り、反時計回りはマイナスの波動

これをご覧になってどう感じますか?



お友達になってね!
ブログの更新や小ネタをお知らせします。
友だち追加
つれづれ
\ シェアする /
あかはな まい

意識をふっとそらすとイメージが浮かびます。
それは前世?それとも他の何か?簡単にスケッチしたものをメッセージとあわせてInstagramとnoteに公開していました。すると、思わぬ反響が!

わたしがみえたもの、感じたものを絵に描き、リーディングアートとして紹介しています。

セッションをご希望の方は、下記SNSのDM、Line、もしくはこのHPのお問合せフォームからご連絡ください。

あかはな まいをフォローする
Reading-arts guide

コメント