つれづれ心のつぶやき

真理を突くアドバイス 登校拒否の子を持つお母さんへ

スポンサーリンク

 
幡野広志さんという方をご存知ですか?

写真家で、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告された方です。

写真集を含め、何冊か本を出されています。
これはわたしも息子も大好きな本です。
機会があれば、ぜひお読みください。

 
その幡野さんが人生相談を受けるようになって、相談に対する回答が掲載されているサイトがあります。

幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。

その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。

想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさん送られてきたこと。

この連載では、Twitterなどで相談に応えてきた幡野さんが、文字数や内容の深刻さゆえに応えきれなかった相談に向き合います。

唐突にたくさんの人の人生にも向き合うことになった幡野さんは、どのような応えを返すのでしょうか。

今回の相談は、子どもの不登校に悩むお母さんからのお悩み。

辛口だけど、真理を突いています。
 

相談者は読まないほうがいい回答 | 幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。 | 幡野広志 | cakes(ケイクス)
今回の相談は、子どもたちの不登校に悩む母親から。しかし、相談者ではなく、子どもたちのために返事を書くという幡野広志さん。相談者は読まないほうがいいという回答とは、どういうものでしょうか。

21日から1週間は無料で読めますので、お早めに。



お友達になってね!
ブログの更新や小ネタをお知らせします。
友だち追加
つれづれ
\ シェアする /
あかはな まい

意識をふっとそらすとイメージが浮かびます。
それは前世?それとも他の何か?簡単にスケッチしたものをメッセージとあわせてInstagramとnoteに公開していました。すると、思わぬ反響が!

わたしがみえたもの、感じたものを絵に描き、リーディングアートとして紹介しています。

セッションをご希望の方は、下記SNSのDM、Line、もしくはこのHPのお問合せフォームからご連絡ください。

あかはな まいをフォローする
Reading-arts guide

コメント