リーディング アート・メッセージ過去世リーディング

悉皆(しっかい)屋のご主人

スポンサーリンク

akahanamai

 

 

反物が出来上がる工程のチェック
出来上がった着物の汚れや傷を直す

着物、呉服のことならどんなことでも
古くても気にせず相談して

お客さん、問屋さん、職人さん
多くの人の間を取り持つ

いつも活気に満ちて笑顔で接する
足取り軽く、今日も東へ西へ

わたしは、みんなの喜ぶ顔がみたいんだ

line

「しっかり」の語源と言われる「悉皆」
みんな全部というこの言葉

周りのみんなのことをいつも考える
周りの期待に応えようと一所懸命に働く
悉皆とはあなたのこと

しっかり者で自分にできることを精一杯やってきた
でも、自分ではまだまだ、できることがある

ゴールの先にはまたゴールがあって
どこまで行っても先は見えない

分かれ道で歩く道を間違えたかな?
と思うことがあっても、それは間違いじゃない

選んだ道が違うと感じたら
すぐに道を変えればいい
自分の直感を大事にして

あなたに必要な道が用意されている
なかなか思い通りに事が運ばないときは
少しだけ自分の受け取り方を変えてみる

line

この世の中は自分しか変えることができない

自分の想いを伝えて、信頼して任せる
それで人は成長する

自分の想いが伝わらないもどかしさを感じるときも
冷静になって、どうして自分がそのように感じるか
考えてみるといい

相手に対して攻撃的になっていないか
相手の心を開くにはどうすればいいか
はっきりとした答えのない問いだけれど
答えは自分の中にある

自分の中の神性を忘れないで

あなたの中の神はいつもあなたを導いている
あなたの魂の成長のために

 

悉皆(しっかい)とは

江戸時代、大坂で染め物・洗い張りなどの注文を取り、京都の専門店に取り次ぐことを業とした者。

現代の悉皆屋さんは、真っ白な反物が着物に仕上がるまでのいくつもの工程で、それぞれで完結な職人さん達のスムーズな連携をマネージメントする。
問屋から注文を受け、作家、地染め屋などを巡り、着物のイメージから実際の地色などの相談に乗り、出来上がりのチェック、そして責任をもって問屋に届ける。
すべてに目が届き、高い感性を兼ね備えていないと出来ない仕事。

きもの学講演(その2)悉皆とは
今回は「悉皆とは」ということからはじめてみたいと思います。 皆さんは「悉皆」という言葉を聞いたことがあるでしょ…


お友達になってね!
ブログの更新や小ネタをお知らせします。
友だち追加
リーディング アート・メッセージ
\ シェアする /
スポンサーリンク
あかはな まい

意識をふっとそらすとイメージが浮かびます。
それは前世?それとも他の何か?簡単にスケッチしたものをメッセージとあわせてInstagramとnoteに公開していました。すると、思わぬ反響が!

わたしがみえたもの、感じたものを絵に描き、リーディングアートとして紹介しています。

セッションをご希望の方は、下記SNSのDM、Line、もしくはこのHPのお問合せフォームからご連絡ください。

あかはな まいをフォローする
Reading-arts guide

コメント