歴史探索 宇宙 過去世

マルドゥクの二の舞になる前に

スポンサーリンク

画像はJAXAからお借りしました

 

火星と木星の間には小惑星帯があります。

宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER :小惑星帯
「宇宙情報センター」は、人類と宇宙への関わり合いを大切にしながら、さまざまな情報をどんどん吸収して、みなさんにお伝えしていきます。

 

この小惑星帯、ずっとずっと昔、わたし達の地球と同じような惑星だった星の残骸です。

その星の名は、マルドゥク。マルデックとも呼ばれます。

 

核爆発で星ごと爆発してしまいました。マルドゥクに住んでいた住民の手によって。

今の地球と同じか、それ以上の科学技術があり、同じく原子力のエネルギーの知識もありました。

どのような経緯で核爆発に至ったのかはわたしにはわかりません。
だいぶ前に書かれたものですが、こちらの記事を参考になさってください↓

マルデックの悲劇 - みゅうにゃん お散歩日記:楽天ブログ
火星と木星の間,あなた方が「小惑星帯」と呼んでいる場所には「マルデック」という惑星がありました。地球に人類が出現するよりもはるか昔,マルデックでは既に人類が活動していました。そして相当高度な文明が栄え

 

以前書いた、QHHTという退行催眠。

退行催眠って、どんなん?と受けてみたら、宇宙人だった!というお話 第1話
退行催眠。過去の自分を思い出すだけじゃなかった。地球を飛び出しちゃった!というお話。

 

わたしの退行催眠の話を聞いて、興味を持った妹がしばらく後に受けに行きました。

 

そこでいきなり見えたのが、爆発する寸前のマルドゥク。
脱出するために乗った宇宙船から自分の住む星が爆発するところを見たそうです。

 

退行催眠で同じような情景を見る人、また、同じような記憶を持つ人が何人もいます。

みんな口を揃えて言います。

同じ道をたどってはいけない、と。

 

この美しい地球は守らなければなりません。
手遅れになる前に。

そのためにわたし達は今ここにいるのです。

みんな、目を覚まして!



お友達になってね!
ブログの更新や小ネタをお知らせします。
友だち追加
歴史探索
\ シェアする /
あかはな まい

意識をふっとそらすとイメージが浮かびます。
それは前世?それとも他の何か?簡単にスケッチしたものをメッセージとあわせてInstagramとnoteに公開していました。すると、思わぬ反響が!

わたしがみえたもの、感じたものを絵に描き、リーディングアートとして紹介しています。

セッションをご希望の方は、下記SNSのDM、Line、もしくはこのHPのお問合せフォームからご連絡ください。

あかはな まいをフォローする
Reading-arts guide

コメント