つれづれ占星術太陽系宇宙星読み

星の動きと経済予測と

スポンサーリンク

 

 

ずっと、星読み、西洋占星術を詳しく知りたいと思っていました。

まずは自分のホロスコープ。と印刷してみたのはいいのですが、何のことやらさっぱり…

テレビや雑誌で見る、今日の運勢や今月の運勢。
ほとんどは生まれたときの太陽の位置を表す太陽星座、ということは分かりました。
それと、月星座も。こちらは出生時の月の位置。

 

でも他にも星はあって、いろいろいろんなところに配置されている。それらの意味するものは全く分からず。

 

本やネットの情報を基に独学で、というのは無理だ。と詳しく知ることを半ば諦めていました。

 

ほんのさわりの基礎の部分から教えていただく講座に、ご縁があって参加することになり、星読みってほんと奥が深いし、おもしろい…と実感しています。

 

 

なぜ、星読みを詳しく知りたくなったかというと、世の中の動きと星の位置は関連しているのではないか?と思っていたから。自分のことをもっとよく知りたい、ということよりもこれから先の世の中のことに興味があって。

星の動きと政治経済、世の中の動き、ってよく見ていくと繋がりがあるように思えてならない。

 

百万長者は占星術を使わないが、占星術を使わない億万長者はいない

アメリカのモルガン財閥(JPモルガン・チェース)の創始者、J・Pモルガンのこの言葉は有名です。

 

星を読むということは、経済学者や偉い機関が発表する経済予測より正確だったりして?!と。

経済、株の動きと占星術を合わせた、金融占星術という分野もありますし、昔は国政にも使われていました。(現在は表に出ないだけ)
戦争や流行り病の時期、天災・災害を観る、社会占星術、マンデン占星術とよばれる分野もあります。

 

娯楽としての占い、当たるも八卦当たらぬも八卦という刷り込みから抜け出して、新たな展開が見えてくると楽しいな、とワクワクしています。

 

・わたし達は宇宙の一部である
・何らかの規則に従って動いている

そこにわたし達の想念などが加わって、思ってもいない方向に未来は進むのかもしれません。不測の事態はいつも起こりますし。それも楽しめるようになれば、悟りの境地ですね。

もし、ある程度の予測ができるとたら、予めわかっている大難は小難に、危険を少しでも回避できるし、ここだ!って大きくジャンプするタイミングを見極めることができるはず。

 

ネットで検索すれば無料ホロスコープのサイトはたくさんあります。自分の出生時のホロスコープは昔と違って簡単に手に入ります。

わたしが利用したのはこちら。ユーザー登録なしで作成できます。

無料チャート - Astrodienst
このページは、Astrodienstウェブサイトの膨大なコンテンツのほんの一部に過ぎません。無料ホロスコープを始め、たくさんのコンテンツを体験してください!スイスのチューリッヒに位置するAstrodienst AGは、世界一流の占星学サイトとして、無料ホロスコープ、専門的な占星学レポート、占星学に関する情報提供などを行...

これから先の不透明な時代への不安を少しでも払拭するツールになり得るのかもしれない西洋占星術。
知らなきゃ損なんじゃないかな。

アストロロジャーの來夢(らいむ)先生もこう仰っています。

占いは、知らないよりも知っていた方がよい“情報”であり“知恵”である

コメント